HOME 保険薬局支援事業について

保険薬局支援事業

薬局の地域包括ケアへの参画について

2015年10月に厚生労働省が策定した「患者のための薬局ビジョン」が公表されて以降、薬局は地域包括ケアへの積極的な参画が求められ、「対物業務」から「対人業務」へのシフトが課題となりました。
最適な薬物療法を行うため、薬局には①処方元との連携、②他職種との連携、が求められています。

  • ①処方元との連携は、薬の専門家として、患者さんと処方元の間を繋ぐことになります。薬局にはこれまで以上に処方元と密に連携する必要があり、コミュニケーション能力が必要となります。
  • ②他職種との連携においては、異文化コミュニケーションが求められますが、その能力は簡単には身に付きません。

このように2つの連携を確実に実践するためには、今まで以上に積極的な姿勢とコミュニケーション能力が必要となります。

当社の取り組み

薬局には2つの連携に取り組むことが求められていますが十分には取り組めていないという声も耳にします。弊社スタッフであれば、医療機関などへの豊富な対応経験や実績によってこの課題解決のご支援が可能であると考えております。

「餅は餅屋」の言葉のとおり、薬剤師は自らの専門性が求められる業務に専念していただき、それ以外の専門性や能力が求められる場面について弊社がご支援する、ということです。
具体的な支援内容につきましては、順次ご紹介していきます。

「2つの連携強化」をご検討されていたり、上記支援にご興味ご関心がありましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ